おにぎりずむ

‘駅構内’

No.0007 新宿駅構内 おだむすび 明太子

2013-11-14

f0286825_1123268

【お米の産地】宮城県登米市
【お米の品種】ひとめぼれ
【海苔】林崎産
【重さ】不明
【価格】180円

オニギリーナ55aiaiです。

まだおにぎり初心者だった頃に食べたので(笑)、写真が1枚しかありません。

おだむすびって新宿の駅構内に、結構昔からありますよね~~~
箱根へ行く人、ロマンスカーに乗る人の胃袋を支えて何年?
私が知る限り10年くらいはあるんじゃないだろうか。

イートインが出来てお味噌汁があります。
フリーズドライっぽいんですけどこれもまたおいしい。最近のお味噌汁はすごいなー。

ひとめぼれの程よくもちっとした感じがとても良いおにぎりなんです。
 

No.0006 京都駅構内 米屋のおにぎり屋 菊太屋米穀店 すぐきおにぎり

2013-11-13

f0286825_2381745

【お米の産地】京丹波
【お米の品種】コシヒカリ
【海苔】不明
【重さ】90グラム
【価格】220円


ななさんの手作りおにぎり美味しそうでしたね~
私も自分が自宅で食べてるお米、今度紹介しますね。

こちらはこの記事のおにぎりと同じく、米屋のおにぎり屋 菊太屋米穀店のもの。
京丹波のコシヒカリに乗っけたのはすぐき。

京都のお漬物はしば漬けや千枚漬けなど色々ありますが、京都の方が好きなのがすぐきだと聞いたことがあります。
こちらは「創作漬けもの もりた」のすぐきだそう。
京都でまとめたこちら、個性が光ります☆
しかも黒光りしてますね、海苔が。いい感じ。

ただ220円とはなかなかなお値段。。。
強気設定なのはやはり京都ブランドなのでしょうか。
f0286825_23131716

No.0004 池袋駅構内 ほんのり屋 紅鮭

2013-11-06

f0286825_16135028
 【お米の産地】福島
【お米の品種】コシヒカリ
【価格】180円

オニギリーナななです。

いつもお客さんで賑わう池袋駅構内ほんのり屋のおにぎり(お店ではおむすびと呼んでいます)を食べました。
やっぱりここでも一番人気の紅鮭を。
上に大きな切り身がどーんと乗っているタイプ。お米の粘りは控えめでサクッとした食感。
f0286825_16194174

 

 

 

 

 

 

 

 

 

毎日お店でお米を炊き、天然椹(さわら)のおひつに移し、手握りするというこだわり。ひとつひとつ微妙に表情が違うおにぎりが並んでいるのが手作り感があってよかったです。

お惣菜やお味噌汁がつくお得なセットもあってチョイスの幅が広いのがいいな。
駅ナカおにぎりもいろいろ食べてみたいと思います。

No.0003 京都駅構内 米屋のおにぎり屋 菊太屋米穀店 塩むすび

2013-11-02

f0286825_1614370

【お米の産地】京丹波
【お米の品種】コシヒカリ
【海苔】不明
【重さ】90グラム
【価格】130円

オニギリーナの55aiaiです。

ここは京都で新幹線に乗る時に、おにぎり専門店として買いやすい立地です。
京都駅の八条口と北口の真ん中、南北自由通路に可愛いフォントで書かれた伊勢丹のSUVACO(スバコ)内。
撮影禁止だったので外観ナシです。

またまたこちらも新幹線の中にて。
2つ購入です。
パッケージ、なかなかわかりやすいロゴ。
f0286825_1673857

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお店、京都らしさが出ていてその点好感持てます。
なにしろ京都丹波のコシヒカリ。
あの辺りも寒暖の差が激しくお米作りが盛んですね。いいですよね。

ぎゅっと握られた少し固め。
なんでしょ、もしかしたらお塩を予め入れて炊き上げているのでしょうか。
まんべんなく塩気がついたおにぎりです。
全体に塩のミネラル感がまわっているのは食べやすいことは食べやすい。
f0286825_169940

 

 

 

 

 

 

 

 

90グラムはコンビニのおにぎりと同等ということです。
となるとちょっとお高め設定ですね。
お米自体はやはりコシヒカリの粘りを感じ、また少々感じる香りは好み分かれるかもしれません。

こちらのお店、東京の伊勢丹新宿店にもお米専門店として出店があるそう。
さらに「米本」という冊子を配布されているようで内容とっても興味があります!

新幹線の中で右から左からおにぎりを撮影する私にいぶかしげなお隣さん。。。
また旅先おにぎりアップいたします!

 

No.0001 京都・伊勢丹 越後屋甚兵衛 塩むすび

2013-08-02

f0286825_14505273

【お米の産地】新潟
【お米の品種】コシヒカリ
【海苔】有明産
【重さ】100.9グラム
【価格】136円

オニギリーナの55aiaiです。

なぜか最初のおにぎりは京都。
やっぱりおにぎりと言えば行楽、新幹線てことで、ふわっと遊びに行った京都から東京までの帰り道に食べたおにぎりを紹介します!

越後屋甚兵衛のおにぎり。
伊勢丹京都の地下2階にあります。京都の老舗料亭や旅館の高級お弁当が並ぶ食品フロア。
小さな間取りですがなかなか興味深いおにぎりが並んでいました。
例えば「ばくだん」。3種類の具が入った大きなおにぎり。基本的には具は定番が多かったです。
梅、鮭、塩こんぶ、明太子などなど。
お豆腐と湯葉の梅の花グループであり、お寿司の古市庵と同系列のようです。

そんな中、一番お米を味わえるシンプルメニュー。それが塩むすび。
塩むすびというメニューはありませんでしたが、その場で握っていただけました!

「まだ温かいので冷たいものと一緒にしないでくださいね。」と優しい言葉を言っていただき、
ほかほかのおにぎりを持ちかえることが出来ました。

新幹線へ乗って取りだした姿。
f0286825_1456143
汗かいてますよね。さっきまでほかほかだった証です。
f0286825_14571030

しかもこの武骨な形。
ふんわりしてておいしそうです!
f0286825_1512958

外側にしっかり塩が効いていて中はお米の甘さを感じます。
お米には粘りがあるので、ゴーゴーとしてはもう少し冷めたほうがより好みに近づくかもしれません。

おにぎりの下のほうからビニールに包まれたたくあんが1枚。。。
なかなかのテクニシャンっぷりです。たくあん1枚を包むとは。
f0286825_1541416

 

 

 

Copyright(c) おにぎりずむ All Rights Reserved.